オーガニックコスメ・シャンプー〜無農薬、有機栽培の植物から生まれた化粧品・シャンプー〜

オーガニックとは?

オーガニック

オーガニックとは有機栽培の意味で、有機栽培で作られた植物を使った製品を、『オーガニック商品』と言っています。有機栽培とは、自然環境や生態系と調和した形で行うことを目ざした農業の形態です。
詳しくいいますと、化学合成農薬や化学肥料に頼らず、遺伝子操作をせずに、有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培する農法のことです。

オーガニックは公的機関の認定が必要

オーガニック

無農薬で作られた植物を、「オーガニック」ということは簡単ですが、それを証明するためには、公的機関の認定を受けなければなりません。
日本では登録認定機関の認定を受けた農家などが生産したオーガニック農産物にはオーガニック(有機栽培)JASマークがつけらています。認定基準は各国さまざまに設けられていて、独自の基準値により認定されています。

オーガニックの認定基準

オーガニック

日本での有機野菜認定の基準は、 過去3年間で農薬も化学肥料も使用していない土壌で栽培されていること、化学合成農薬や化学肥料は原則使用していないこと。
また、遺伝子組み換え原材料は使用していないこと、放射線照射はしないこと、合成添加物の使用制限、etc・・・などの基準があります。

近年では、自然の循環システムを守り、化学物質による自然環境への負荷をできる限り軽くするため、オーガニックを暮らしに取り入れることが世界中で拡大しています。


                                                               ページのトップへ▲
免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。また、著作権は放棄しておりません。

Copyright(c) 2010 オーガニックコスメ・シャンプー〜無農薬、有機栽培の植物から生まれた化粧品・シャンプー〜 All Rights Reserved.

【オーガニックコスメ】 オーガニックコスメとは 成分 原材料 妊娠中 子供 協会 【オーガニック】 認定基準 意味 無農薬 無添加 有機栽培 有機肥料 サロン

【オーガニック認定機関】 JAS エコサート USDA ACO BDIH 【オーガニック基準】 ドイツ フランス ベルギー