オーガニックコスメ・シャンプー〜無農薬、有機栽培の植物から生まれた化粧品・シャンプー〜

オーガニックの意味

オーガニックの意味

昨今、オーガニックという単語をよく耳にするようになってきました。 「エフェクティブ オーガニック」のように商品名にオーガニックの文字が入ったものも見かけます。

何かしらの体によさそうなもの、というように漠然とした意味は分かるというもの、具体的に説明しようとするとよく分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、近頃話題となっている「オーガニック」の意味について、少しお話ししたいと思います。オーガニックとは、日本語でいうと「有機的な」という意味を持つ言葉で、規格に沿って有機農法により作られた作物、またはその加工品のことをオーガニック生産物といいます。

有機農法(オーガニック農法)とは、化学肥料や化学農薬を使わず、いわゆる無農薬に近い状態で、なるべく自然な形で作物を育成する農業方法のことをいい、この農法を行うことによって、化学薬品の残留農薬などの人の体に対するリスクを下げることができます。

特にここ数年、オーガニックが注目されたきっかけは、主にこういった作物の安全性が評価されたことにあり、それ以前の化学農品のリスクをそのまま減らすことができるということもあって現在も、人気の商品として現在取引されています。

オーガニック農法の利点は、作物の安全性以外にも、環境への悪影響の低下などにも貢献できるため、比較的エコな農業方法としても注目されています。また、オーガニックというだけでもブランドのような意味となるため、農家や作物を売る人間にとっても利益になりやすいという利点もあります。

オーガニックの意味

ここで重要なのが、オーガニックを名乗るにはオーガニック認定機関の認定が必要になります。

そういった認定機関には、BDIHやネイトルー、デメターやエコサートなどがあり、日本の認定機関においては、有機JASがそれにあたります。

この機関の認定なしにオーガニックを名乗る作物があった場合、罰則を受けることがあるので、日本のオーガニック農家の場合も必ずこの機関の認定を受けています。

ただ、有機JASは食品の認定機関なので、コスメやシャンプー等のオーガニック製品はメーカーが任意で基準を満たしているかを判断し、販売しています。それでは不安だ、という方は海外のBDIHやコスメビオなどの認定を受けたコスメを購入すると良いでしょう。


                                                                ページのトップへ▲
免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。また、著作権は放棄しておりません。

Copyright(c) 2010 オーガニックコスメ・シャンプー〜無農薬、有機栽培の植物から生まれた化粧品・シャンプー〜 All Rights Reserved.

【オーガニックコスメ】 オーガニックコスメとは 成分 原材料 妊娠中 子供 協会 【オーガニック】 認定基準 意味 無農薬 無添加 有機栽培 有機肥料 サロン

【オーガニック認定機関】 JAS エコサート USDA ACO BDIH 【オーガニック基準】 ドイツ フランス ベルギー