オーガニックコスメ・シャンプー〜無農薬、有機栽培の植物から生まれた化粧品・シャンプー〜

有機JAS認証機関

JAS

自然環境や健康に関心が高まる中、オーガニックとして市場に流通している商品は数多くあります。

本物のオーガニックの商品はオーガニック認定機関で定められた厳しい基準をクリアしたもので、認められた証としてマークを表示することが許されます。


海外でも、オーストラリアのACOをはじめとする、国や民間によって設けられたオーガニック認定機関はいくつかありますが、日本のオーガニック認定機関は農林水産省が設けた有機JAS認定です。 JASは「JAPANESE AGRICULTURAL STANDARD」の頭文字をとって略したものです。

日本では、海外よりもオーガニックの認定基準が曖昧で、誤解を招くような表示が多く、安全性に欠けているため、品質向上や消費者側の健康や安全な食に対する関心も高まる中で、オーガニックの表示について見直しをする必要がありました。

そこで、農林水産省は改正日本農林規格法、改正JAS法によって有機農産物、加工食品の表示には、有機JAS認証機関の認定を取得する義務を設定。2001年4月から条件を満たさない農産物や加工食品は表示できないようになりました。

オーガニックコスメの原材料

そのため、「オーガニック」や「有機」として商品に表示するときは、有機JAS認定の定めた基準をクリアしてから取得する必要があります。

また、ピュアノーブルのようなオーガニック化粧品などを市場に流通する場合でも、第三オーガニック認証機関に認められないといけません。

その格付けも日本農林水産省の認証機関が選らんだ認定業者が行うことになっています。「日本農林規格制度」JAS規格には主に以下の基準が設けられています。

@ 農薬や化学肥料は使わないこと
A 肥料を使う場合は有機肥料のみを使うこと、化学薬品や重金属が含まれてないこと
B 栽培する土地は2年以上農薬や化学肥料を使用していないこと
C 施設や用具にも農薬や化学肥料が混ざっていないこと
D 栽培によって自然環境を壊さないこと
E 遺伝子組み換え原料は使わないこと

などの条件を満たさなければJASマークの表示ができません。また、認められた後も有機JAS規格に基づいた生産を行っているかの確認が年に1回調査が入ります。このように、JASマークは、消費者にとっては安全を意味するマークなのです。


                                                               ページのトップへ▲
免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。また、著作権は放棄しておりません。

Copyright(c) 2010 オーガニックコスメ・シャンプー〜無農薬、有機栽培の植物から生まれた化粧品・シャンプー〜 All Rights Reserved.

【オーガニックコスメ】 オーガニックコスメとは 成分 原材料 妊娠中 子供 協会 【オーガニック】 認定基準 意味 無農薬 無添加 有機栽培 有機肥料 サロン

【オーガニック認定機関】 JAS エコサート USDA ACO BDIH 【オーガニック基準】 ドイツ フランス ベルギー