オーガニックコスメ・シャンプー〜無農薬、有機栽培の植物から生まれた化粧品・シャンプー〜

オーガニックの認定基準

オーガニックの認定基準

オーガニックとは「有機栽培」という意味で、農薬や化学肥料を一切使わないで植物や作物を栽培するという、自然環境や健康を守るための運動のことです。

今、化学物質や添加物によって、皮膚炎やアトピー、化学物質過敏症などの悩みを持った方が増えており、様々なトラブルが表れています。

現代社会では地球環境を守るため、人々に安心で安全な暮らしを提供するため、ブルークレールに代表されるオーガニック商品が数多く市場に出回っています。オーガニックと認められるためには、第三者機関が定めた厳しい基準をクリアしなければなりません。

本物のオーガニックの製品か確かめるため、また維持するため第三者機関によって種子の段階から栽培、収穫、保管する環境、輸送、製造の段階まですべて厳しい認定基準が設定されています。 各国や各団体によって若干認定基準は異なりますが、ほとんどが共通する基準です。

主な基準は以下の通りです。

@ 化学肥料や農薬は一切使わない
A 肥料を使う場合は有機肥料のみ
B 栽培する土地は3年以上農薬や化学肥料を使っていないこと
C 栽培によって自然環境を破壊しないこと
D 製造工程でも衛生管理が最適であること
E 遺伝子組み換えの原料は使わないこと
F 製造された製品の95%は自然原料
G 植物原料95%は有機栽培された原料であること
H 動物実験は行わないこと
I 石油由来原料、化学原料、防腐剤、化学香料は一切使用しないこと などの条件です。

オーガニックの認定基準

国によって設立されたオーガニック認証機関もあれば、民間で設立された認証機関もあります。

日本にもオーガニック認証機関があり農林水産省が設けた「有機JAS認証機関」で有機農産物・有機加工食品・有機飼料・有機畜産物を認定しています。


化粧品に関しては、オーガニックを認定する基準がまだなく、各化粧品会社で定めた基準をクリアしたものがオーガニックコスメとして市場に流通しています。

海外では化粧品に関してもオーガニック基準が制定されており、その基準を満たした商品がオーガニックコスメとして販売されています。


                                                               ページのトップへ▲
免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。また、著作権は放棄しておりません。

Copyright(c) 2010 オーガニックコスメ・シャンプー〜無農薬、有機栽培の植物から生まれた化粧品・シャンプー〜 All Rights Reserved.

【オーガニックコスメ】 オーガニックコスメとは 成分 原材料 妊娠中 子供 協会 【オーガニック】 認定基準 意味 無農薬 無添加 有機栽培 有機肥料 サロン

【オーガニック認定機関】 JAS エコサート USDA ACO BDIH 【オーガニック基準】 ドイツ フランス ベルギー